読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sangi’s diary

Get dirty, Have fun.

車動画で英語;GTIを褒めちぎる動画(笑)

Youtubeの見過ぎで寝不足です。

こんばんは、サンギです。

f:id:Sangi:20170413235330p:plain

 

 海外の車レビューは辛口だったり、エクストリームだったりでとても楽しいです。

今日は好きな動画を1本、翻訳して見ました。

本日の一本は、ひたすらGTIを褒めちぎる動画です。笑

なんども見ましたが、見るたびに気分がよくなる動画です。 

もう一度一台の車で興奮する時期が来た。

多くに人が興奮するが、比較的にすくない人だけが経験できる興奮。

新しいVW golf GTI。全部欲しい!という欲張りのための車である。

Golf GTIのストーリは以前(別のビデオ)でも話したが、かなりカッコいい。

オリジナルGTIは実は作られるはずのない車だった。

しかし、好奇心旺盛なエンジニアたちの業務時間後の残業のおかげでこの世に誕生したのだ。

この車は軽く、適度にパワフルであったので、かなりキビキビしていた。ブレーキはダメだったけど。

販売と同時にブレイクを果たした。鼻のサイドにある3文字、GTIはすぐに全世界で楽しく、早いハッチバックの同義語となった。

 

初代と2世代めのGTIはヒット商品だった。二台とも人気があるマシンだったが、その後も2世代はイマイチだったが。

 

ワーゲンは5世代と6世代目のモデルで再び本領を発揮し(found it’s feets)、

帰宅の道のりを楽しくしたがる人のための200馬力の楽しいハッチバックを作り出す。

 

7世代目のGTIも5、6と同じだ。

早くて、質素で、楽しい。

そしていくつかの秘策(tricks up its sleeves)を持っている。

これらはgolfの歩兵(ベースモデル)たちと共通であるが、

正直これらおもちゃはベースモデルに必要だろうか。

例えば、ドライブモードを変える機能。(DCC、dynamic chassis control)

スポーツドライブのために1.6リッターディーゼルエンジンの車を買う人はいないだろう。

1.6リッターディーゼル車はAからBにできるだけ静かに、楽に、効率よく移動するために買うものである。

またどんな場面でもちゃんとフィットする。これがGolfの美学だ。

しかし、GTIは違う。GTIを買う人は人生とは効率だけではないことを知っている人であり、このような人たちには「必要十分」は十分ではないのだ。完璧ではくてはならない。

 

「完璧」の概念は人それぞれだが、少なくとも私にとってGolf GTIはいつも完璧な車症候群の先端にあるように思える。

どんなシチュエーションにもフィットする車。

最高出力220馬力、最大トルク258ft/lb(=350N/m)、最高速度151m/h(=243km/h)、0-62mile(=0-100km)は6.5秒。

かなり早い。しかもこのスペックはオプションのパフォーマンスパックを装着する前のもので、オプションを装着すると230馬力に出力があがる。

 

ワーゲンによると燃費は44miles/gal(=15.6 km/L)となっているが、そんなのは見たことがない。だいたい30半ば(=12 km/L)だが、燃費もいいと言えるだろう。

たま、とても室内が広い。家族や友達と、荷物まで余裕で載せることができる。

全体的に、これはほぼ完璧だ。

「ほぼ」完璧と言ったのは、個人的に私の「完璧な車」とは、0-100が5秒未満で、正直いってもっと楽しい後輪駆動方式のくるまだからだ。

しかし、この車も書面上ではとて優秀な車であるが、

実際には…おーこれは、とても、とても素晴らしい車だ。

コーナーに突進するときにはクスクス笑ってしまうし、

ちょっとだけ突っつけばすぐに加速する。

そして驚くほど快適でもある。

 

スポーティーなシートは奇妙に柔らかい枕のように柔らかいが、オリジナルMk1と同じタータンチェック柄だ!イカす!!

これは本当に一流のコンパクトな車だ。

 

誰でも人生で一度はGolf GTIを経験するといいと思う。

これはノーマル+αのベンチマークのようなもので、

もしあなたがあなたの車になにか、なにか特別なものが欲しいと感じるなら、これが入門になるだろう。

 

Golf GTIは数百億馬力もないし、みんなの視線を集めるような外観でもない。

しかし、確かに特別だ。

ファミリーカーとスポーツカーの間でバランスが取れている。

優れた性能も、スポーティーさを引き立たせるエクテリアパーツもついてる。バンパーのベンチレーションやヘッドライトまで伸びる赤いラインのような。

同時に、友人と家族と荷物を載せられる十分な広さも兼ね備えている。

パーフェクトな車の定義は人それぞれだ。

一部の人には広さと素質さが、他の人には外見とパフォーマンスが重要である。

しかし、オールラウンダーのGTIはほぼ完璧である。

 

実際に真面目に翻訳をしてみると知らない表現や面白い表現を見つけることが多く、勉強になりますね。

:::広告:::