Sangi’s diary

Get dirty, Have fun.

自家製ベーコン作り。これが本当のベーコンだ!

ベーコンはお好きですか?

f:id:Sangi:20160814222503j:plain

6月のアメリカ出張でこんなものを手に入れました。

自家製ベーコンキット。

前から家でベーコンを作るのは小さな夢であり、ロマンでした。

なぜならば…

日本で一般的に売っているベーコンは

  1. 私の口には塩辛さが足りない
  2. 薄すぎて本当にベーコンなのかと思ってしまう
  3. ブロックを買えばいいじゃん。と言われるけど、味の問題が解決されない

などの問題を抱えていて、どうしても海外に行ってる時の歯ごたえもあって、しょっぱいベーコンが恋しくなるからです。

自分で作れば、欲しい塩加減で、欲しい厚さで、お肉の状態までも選ぶことができ、

まさに最高のベーコンを手に入れることができる!かも!とか思い

作り方を調べてみたら、意外と簡単でした。

  1. 豚バラの塊に塩、砂糖、キュアリングソルトを入れて冷蔵庫で1週間寝かせる
  2. 燻製するかオーブンの低温で2時間ほど焼く
  3. ビールを冷やす
  4. 楽しむ

以上です。

しかし、キュアリングソルト。という少し種類の違うナトリウム類が日本だと中々手に入らなかったです。まだ売ってるところを探しています。

 

そんな中、見つけた、ホームメイドベーコンキット。

f:id:Sangi:20160814223241j:plain

作り方は基本上の1−4と同じ(3番が省略されていますが)です。中身も必要なものしか入ってません。

 

f:id:Sangi:20160814223343j:plain

中身です。大きなジップロック袋、ベーコンミックス(塩とキュアリングソルトのミックス)以上。これで5ポンド=役2.5kgの豚バラをベーコンに変身させることができる魔法のアイテム。素敵です。

 

f:id:Sangi:20160814223443j:plain

本日準備したのはコストコの豚バラかたまり2.1kg 3,039円でした。

 

f:id:Sangi:20160814223612j:plain

軽く洗って、水気を拭き取った後、袋の中に。後はミックスを両面にふりかけます。

 

f:id:Sangi:20160814223711j:plain

袋の上からもみもみし、冷蔵庫へ。

1週間寝かせますが、毎晩ひっくり返します。均等に塩を浸透させ、水分を奪ったり、バクテリアを殺したりするためです。

 

f:id:Sangi:20160814223834j:plain

1週間経って取り出すとこんな感じに。水分が減っているのがわかります。

 

f:id:Sangi:20160814223905j:plain

オーブンに入れて100℃で2時間10分間じっくり火を通します。

面積が縮み、上下に少し膨らみました。

 

f:id:Sangi:20160814224041j:plain

乾式サウナを終えた豚バラくん。もはやベーコンにしか見えません。テンション上がりまくりです。

 

f:id:Sangi:20160814224122j:plain

早速切って

 

f:id:Sangi:20160814224147j:plain

ふ、ふつくしいピンク!!!

1週間待った甲斐あり!

 

f:id:Sangi:20160814224221j:plain

焼きます。半分はカリッと、半分はジューシーにしました。

 

f:id:Sangi:20160814224301j:plain

美味!!ビーミー!!

塩のパンチがしっかり効いていて、脂身は柔らかく、赤身部分はしっかりとした歯ごたえ。

最高のベーコンに仕上がりました。

調べてみると、切り分けて冷凍保存もOKだそうです。

 

なるべく早くキュアリングソルトを売ってるところを見つけ、

自家製ベーコンを作り続けたいと思います!

 

 

 

:::広告:::